社会保険労務士の資格

社会保険労務士の資格があると、高収入の仕事につけるというイメージがあります。労務管理と社会保険の専門家である社会保険労務士は、社労士事務所に勤務したり、独立開業したり、金融機関に勤務したりという形があります。職場によって資格の活かされ方は異なりますし、皆が皆高収入の仕事についているとは言いきれないようです。社会保険労務士の平均年収は760万円という資料があります。高収入という数字からは、もっと高い年収を連想します。社会保険労務士として働いている人の収入は、3000万円から450万円とかなりの差があります。社会保険労務士の資格があれば自動的に収入が入るということはなく、資格を活かしたどんな働き方をしているかが大事です。社会保険労務士は、独立して自分で仕事をする開業社労士と、会社に勤めながら資格を活用する勤務社労士の2つに大別されます。社労士として独立開業している人は高収入の期待が持てます。大小様々な企業と取引をして、顧客数を増やして仕事が増加すれば、高収入になっていくというパターンが多いようです。実際に、かなり高収入の社会保険労務士もいます。しかし、社会保険労務士の資格があれば高収入の仕事につけるという構図にはなっていないようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ