リバウンドを起こさないダイエットをするには

リバウンドを起こさないダイエットをするには、どんなことに注意をして体重を減らしていくべきでしょう。人間の体は、急激なダイエットに対してはリバウンドや停滞期が起きるようにできていますので、極端なダイエットは逆効果です。その場ではダイエットが成功したように見えても、いずれは体重が元に戻ってしまうでしょう。ホメオスタシスは人間の体が滞りなく機能している限り、必ず発生するものです。ダイエットを成功させめためには、ホメオスタシスの性質を理解しておくことです。停滞期中にホメオスタシスのことを知っていればイライラしてダイエットに挫折しないですみます。体重を測り、変化の推移をじっと見守ることが、停滞期のおすすめの過ごし方です。停滞期に入ってからどのくらい経過したかをチェックするためにも、毎日の体重を測って、今がどんな状態かをわかるようにしておきましょう。しばらく体重が減らない時期が続いたとしても、増加しなければいいというくらいで行います。極端なダイエットをしている時ではないとしても、今日の体重を計測することで、リバウンドしやすい時期や、自分の体重がどのくらいで安定しているのかを知ることができます。リバウンドが起きないようなダイエットをしたいなら、1カ月の減量は体重の4%程度に留めます。次の1か月でその体重を維持してまた次の1か月で3~4%を落とすというペースがリバウンドを防ぐためにはおすすめです。リバウンドしないように、少しずつ体重を減らすように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ