住宅ローン返済について

住宅ローン返済について、固定金利である場合について考えてみましょう。住宅を買う際にはほとんどの場合はローンを組むことになると思いますが、金利が固定されたローンを組む人もあるかと思います。ローンの返済に関して、金利の動きに一喜一憂したくないのであれば、固定金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。将来においても現在のような低い金利が続けばいいのですが、景気が良くなるとともに金利も上向いてきかねません。金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。固定金利型のローンでは金利が高くなってしまうことが多いようです。そこで、毎月の返済額を小さくする方法として、ボーナス払いを設定するというやり方があります。ボーナスが減額されてしまったり出なくなったような時に、返済にしわ寄せが行きかねませんので、このようなボーナス払いの度合いが大きい返済計画には危険が伴います。返済に問題が生じないように、ボーナスはローンの繰り上げなどにあてることにすべきです。ローンの返済額が大きい場合や、定期的な見直しをするのにあまり気が進まない人や、教育費が必要な場合などは、固定金利型のローンを検討してもいいでしょう。ローンの返済期間が30年以上あるような長期のものの場合にも、検討してもいいかもしれません。月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。自分の住宅ローンの返済が終わるまで金利が上昇しないとは考えにくいでしょうから、将来の返済が心配であるならば固定金利を選ぶようにするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>